防災備蓄品の提案

TOP > オフィックスのサービス > 防災用品・防災備蓄プランニング > 防災備蓄品の提案

災害時には何が必要か

行政支援が来るから、備蓄は不要だと思っていませんか?
行政の備蓄は地域住民に対してだけであり、かつ100%ではありません。

都市部においては、オフィスに勤める昼間人口が非常に多くなっており、公的支援では、全てをカバーすることは出来ません。
被災直後は、ガス、電気、通信、水道、交通などのインフラが使えなくなる、行政もまた被災するという状況を想定した自助努力が必要となります。

当社では、企業の「防災力」を高めるべき事前対策からご支援いたします。

災害対策は業界や業種、あるいは地域によって異なり、予算にも左右されます。
「何が起きるか」、「どういう行動をとるか」、「何が必要か」といったように時間軸をふまえた検討が有効です。